メンズエステ「スリル」恵比寿駅徒歩3分!深夜まで営業|カード利用可

営業時間.12:00〜深夜5:00(受付/10:00より)
ご予約.03-6869-4448

ご予約.03-6869-4448

営業時間.12:00〜深夜5:00(受付/10:00より)

スリル写メブログ

BLOG
写メブログ

退店のご報告。
2019年11月02日(土)

こんにちは。


本日は皆様に、ご報告がございます。











私朝霧は、12月末日を持ちましてスリルを退店させていただく事となりました。





スリルで過ごしてきた日々は決して長い月日ではございませんでしたが。




日々、沢山の出会いがあり。




沢山の素敵なお客様に支えられ、お客様を通して学ばせていただいた事、感じた感覚は私にとって。





何よりも大切な宝物です。







そして、素敵なセラピストの皆様と出会い。






共に気持ちを1つにして来れた事、沢山のサポートをいただいた事は何にも変えがたい経験でした。






お店を離れても、一人のセラピストとしてずっと。





気持ちを1つに、そして助けを必要としている時は。






今度は私が力になれたらと、そう思っています。








12月末がスリルの朝霧としては最後となりますが。





これからも、セラピストを続けて参ります。






お店のブログなので、詳細について知りたい方はお会いした時か。






TwitterのDMの方でお話させていただければと思います。








私は、本当に恵まれた環境で。





今日までこうしてセラピストを続ける事が出来ました。






私に理解を示してくださる、スリルの心優しいセラピストの皆様や。





お客様にも。






最近は、私の見せたくない「弱い部分」を見せてしまう瞬間が多々あったりしました。








お客様をお見送りして、家に帰った時。






もどかしい気持ちを消化出来る事なく、次の日を迎えると言う日々を最近は繰り返しておりまして。








セラピストとしての自分、一人の女性としての自分の狭間で。






常に気持ちは揺れ動き、安心出来る日はありませんでした。








突き動かされるような衝動も。






自分をストイックにさせる情熱も。







すべては予期せぬ出来事の連続の中で、燃え尽きて。






灰になったのだと思いました。







だけど、とある方が私に言ってくださったの。





「あなたは、輝きを失ったダイヤなのか。それとも、力強く永遠の輝きを放つダイヤモンドなのか」って。







その時、悟った。






「私、輝きたいんだわ」ってね。







だから、これからは今より大きなステージに立ち。






私を信じてくださる方の期待を超えていける存在になりたい。





より確固たるブランディングを経て、「朝霧」と言う存在になりたい。





私を指名してくださるお客様に、「朝霧を指名した」と言う喜びを噛み締めていただける存在になれるように。







私はもっと、高みを目指します。







そしてもっとお客様の気持ちに寄り添い。






これから迎える1日1日を。






ダイヤモンドよりも輝きに満ちた日々にしたい。







お客様の気持ちを惹き付けるものは。





私の内なる輝きだと思うから。





その輝きをくすませる状況で自分を憐れむより。






新たなステージで、自分の可能性に挑んで行きたいと思います。








最高の形で新たなスタートを迎えられるように、今月も引き続き残り僅かではございますが。






スリルのセラピストの一人として、心からのおもてなしをさせていただきます。






お客様もビックリ!だと思います。。





申し訳ないです。。





でもきっと、これからも変わらず応援してくださるつもりで居るから、私。







うふふ。



いつも翻弄してばっかりでごめんなさいね( ゚ 3゚)ぶちゅっ。










スリルのセラピストさんに何を残して、そしてどんな形で恩返しが出来るか、今考えています。





皆様が最良の形で年末を迎えられますように。












「あなたは流れ星


目に見える恍惚



あなたが抱きしめてくれると私は生きてることを実感する



私たちは空に輝くダイアモンドのようね」






私が好きなリアーナの曲の歌詞よ。






どんな泥の中でも輝く事が出来るから。






私は何度でも甦るわ。





黄昏に輝く明けの明星のように。






私はあなたの情熱。





あなたの女王。





そしてあなたの隠れ家であり。






あなたそのもの。







それは、これからも何一つ変わらないわ。







愛を込めて。





朝霧